Products
About us
Contact us

巻頭言
   「私のコロナあれこれ」 (第127会報)
日本新金属株式会社
取締役社長 岡田 義一

 これを執筆させていただいているのは3 月中旬ですが、冬期北京オリンピックでアスリートたちより多くの感動をもらった直後に、ロシアのウクライナ侵攻がはじまり毎日そのニュースを見ては心を痛めるばかりです。民間人の方も相当犠牲になり負傷される方も多く、早く停戦して欲しいと思います。(この会報が発行される頃には収束しているものと思いますが、ウクライナの方に自由が戻っていることを心から願うばかりです。)

 さて、もう一つの憂鬱は言うまでもなく新型コロナウイルスの感染拡大です。当社の所在する大阪ではまん延防止等重点措置が延長されていますが、今回の第6波のオミクロン株は報道の通り、非常に感染力が強いことを当社でも実感した次第です。昨年まではそれぞれの波で一人感染者が発生するかしないかぐらいでしたが、この第6波では新年正月休み明けより毎日、感染または濃厚接触の相談が相次いでおり、それに伴う自宅待機者も1 月末には10 名を超える状況となりました。これらはほとんどが家庭内感染ですが、幸いにして重症者の発生はなく皆さん軽症または無症状で最短の自宅待機期間で復帰していただいたためこの頃をピークとして今では自宅待機者は1、2名程度まで減少しています。

 しかし1月下旬には、この勢いで自宅待機者が増え続けるならばBCPの発動も視野に入れる必要もあるかと、コロナの始まったちょうど二年前に作成した感染症対策用BCP の内容を再度見直すこととしました。これは、この二年間の間に、感染症の正体も少しずつ解明されワクチン接種も進んだため行政や公共交通機関の考え方も変わったこと、また、この期間でお客様の状況にも色々な変化が発生しており、優先すべき製品なども大きく変わったことにあります。

 これらによりBCP の発動条件や労働力を集約して稼働させるべき工程などの見直しを行いましたが、幸いにしてBCP を発動することなくこの第6波もやり過ごすことができそうです。皆さんも、この機会にBCP を一度見直されてみてはいかがでしょうか。

 会社の中では、このような状況でしたが、私の個人的なコロナよもやま話はワクチン接種についてです。昨年の初回接種時は現在単身赴任先の西宮市(兵庫県)での接種を検討しましたが県外の接種券(自宅が千葉県)では受付けてくれるところがなく大変困惑いたしました。厚生労働省からは住所地外接種届出を申請すれば県外であっても誰でも接種できると発表されていましたので政府と地方行政の隔たりを感じながらもホームページなどを探し続け、200 近い医院の中からやっと見つけて接種してもらった苦労がありました。また、この初回接種ではファイザーを打ちましたが1 回目も2 回目も全く副反応が出ず、既に接種を終えた同僚からは発熱や接種部の痛みなど大変だった話を聞かされていたので全くの期待外れとなり本当に抗体がしっかり得られたのか大変心配になりました。同僚からは高齢者ほど副反応が出ないなどと散々からかわれる始末です。

 そこで何とか抗体量を確認する手立てがないかと調べてみると、スイスのロッシュ社と米国のアボット社が信頼できる検査を行っているということで近くの医院でアボット社の検査を受けました。先生からはご自身や一緒に働く看護師さんたちのデーターを紹介いただき、数値で10,000 ぐらいが普通で、少ない人でも7 ~ 8,000 程度だと検査前に言われていましたが、なんと検査結果は4,700 しかなく、なんとか抗体の有効性ありとギリギリ判断できる数値で、先生からはもう少し欲しかったですねと残念そうに一言でした。

 初回接種がこのような結果だったので2 月の追加接種では少しでも有効だと公表されていたモデルナを3 回目の接種として受けましたが、やはり副反応は全く見られずがっかりする始末で有効な抗体が得られたのか不安となり再度、抗体検査を受けることにしました。検査時に先生からまたしても「今回こそは何とか5 桁(10,000 以上)は欲しいですね」と言われましたが自分ではどうしようもないことです。一週間後検査結果が郵送で送られてきましたが恐る恐る開封し見てみると何と27,000 近くもあり、やはりモデルナは評判通りの優れものと今回は安心した次第です。

 抗体検査の結果は良好でしたが、当社の本社機能は大阪工場内に立地しておりテレワークも難しく、毎日阪急電車での通勤となりますので、極力「密」とならない時間帯での早朝出社や窓の空いた換気の良い車両に乗るなど冬場は寒くて大変です
が心掛けている毎日です。

 この会報が皆さんに届くころには場所によっては桜もきれいに咲いているころと思います。ウクライナの件も落ち着き、追加接種もすすむことでコロナも一段落し、久し振りに春風に誘われて桜咲く公園など散策できることを心待ちにしてる今日この頃です。
目次へ戻る