「Plansee Group - A reliable tungsten producer and supplier」

プランゼージャパン株式会社
代表取締役社長 ペーター アルドリアン

  タンモリ工業会の会員であられる 皆様方におきましては最も痛切な問 題としてとらえられておりますよう にタングステン原料価格はここ数年 間で大幅に変動しています。Dr. Andreas Lackner(プ ランゼー社の取締役副社長)が西側最大手のタングス テン原料メーカーとしての立場から解説させていただ きます。

  同氏によれば、他の多くの原料と同様、タングステン の価格はここ数年の間に大きく下落しました。そして タングステンは価格下落幅がとりわけ大きい原料のひ とつです。具体的には、タングステン価格は2014年 以来60パーセントも下落しました。金額で示すと、中 間生産物であるAPT(パラタングステン酸アンモニウ ム)1トンあたり420ドルだったであったものが160 ドルに下落しています。現在は若干の価格持ち直しが 見られ、しばらくはこの傾向が続くかもしれません。

  価格下落の原因は、タングステン精鉱と化学処理能 力の世界的な余剰にあります。そしてこの世界的な余 剰には次のようないくつかの要因があります。第一に、 世界経済が全体的に落ち込んでいます。第二に、石油 価格が暴落したため、世界の、特に米国の石油・ガス 産業に対する投資が激減しました。この石油・ガス産 業はタングステン系超硬工具の重要なマーケットのひ とつにほかなりません。そして第三に、中国がタング ステン市場を支配しているという事実があります。中 国には世界全体のタングステン埋蔵量のおよそ80パー セントが存在すると見られており、タングステン生産 は「部分的には国家が管理」しています。需要激減に もかかわらず、中国では今でも過剰生産が続いている のです。中国の過剰生産能力は、世界全体の年間需要 の2倍と推定されます。

 一般に、ものごとにはプラスの面とマイナスの面が ありますが、原料価格の下落についてもそれは言えま す。プラス面としては、原料の処理加工を行う業界は 原料が安いに越したことはありません。ではマイナス 面は何かと言うと、Dr. Andreas Lacknerは次のように 述べています。問題は、世界中のタングステン鉱山が 生産コストを下回る価格で生産物を売っていることで す。中国産のタングステン鉱でさえ、トンあたり220 米ドルといった価格ではほとんど利益はないでしょう。 そういうわけで、特に西側諸国の鉱山の多くは生産削 減や生産停止に踏み切っています。

 このような悲惨な状況を脱するとともに、西側のタ ングステン粉末サプライチェーンを存続させるために、 プランゼーはコスト削減、自動化生産工程への投資、 およびリサイクルシステムの拡充に取り組み、主原料 への依存度を下げる努力をしています。原料価格が回 復しはじめたら、プランゼーは直ちに、主要マーケッ ト向け新製品の開発と世界的な販売促進に取り組み、 世界における地位と存在感を強化するよう進めており ます。現在、プランゼーはさまざま様々なリサイクル 技術と大きなリサイクル能力を有しており、上に述べ たことの達成に役立てることができることは間違いあ りません。

  プランゼーを、西側を代表する真に世界的なタング ステン粉末サプライヤーにするためのこれらの努力は、 タングステン原料を必要とするお客様の「対中国依存 度」を下げるうえでも役立つことになります。中期的 には、タングステンの安定供給が再び課題になること は間違いありません。原料価格は5年ないし10年のサ イクルで上昇と下降を繰り返しています。

 プランゼーは、現在のみでなく将来においてもタン グステンの安定供給ができる独立した、そして信頼で きるタングステン生産者たるべく、あらゆる取り組み をしてきました。タングステンは高融点金属工業にお いて不可欠の原料です。処理加工が難しく価格が高い ために、用途ごとに別のもので置き換える試みが絶え ずなされてきたのも事実です。しかし、主要な用途に おいてタングステンを別ものでのものに置き換えるこ とはほとんど不可能です。

 タングステンカーバイドは、大半の機械加工用工具 の材料として使われ、工業生産の分野ではきわめて高 い耐摩耗性を示す製品であります。

 現在、世界全体のタングステン処理量は約9万5000 トンで、そのうち70%はタングステンカーバイドとし て使用されます。残りはおよそ10%ずつ、鉄鋼工業、 化学工業で使用され、そしてピュアメタルとしては主 にハイテク工業で使用されます。 現在のタングステン 処理量9万5000トンのうち、リサイクルされるのは 25%にすぎません。プランゼーでは、自ら使用するタ ングステン材料全量の55%をリサイクルしています。

 プランゼーグループは、タングステン原料の安定供 給を通じて、お客様の対中国依存度を減らすお手伝い ができます。有利なコストで、そして環境にやさしい 仕方でそのお手伝いをすることができます。


会報目次へ戻る